【甜茶(てんちゃ)】はどのようにして飲むのがいいか、紹介いたします。【甜茶(てんちゃ)】の大切な有効成分であるポリフェノールをしっかり抽出できるように、沸騰したお湯で3~5分ほど煮出すことが大切です。ポリフェノールの抽出の度合いは、【甜茶(てんちゃ)】の甘みの強さと比例していると考えたらいいでしょう。花粉症対策として【甜茶(てんちゃ)】を飲用する際には、花粉が飛び始める2週間前から飲むようにしましょう。朝昼晩、最低でも1日に3回は飲むようすることが大切です。飲み始める時期は大変大切で、これが花粉が実際に飛び始めてからではだめなのです。それから【甜茶(てんちゃ)】を煮出す際、くこの実を入れても効果が増します。また【甜茶(てんちゃ)】の葉をフライパンで炒り、粉末状にして直接水で服用するのもひとつの法方です。【甜茶(てんちゃ)】に含まれる甘みのあるエキスは、ルブサイドと呼ばれる甘み成分なのです。これもこのところ注目されている成分で、鼻水やくしゃみ、涙目などのアレルギー症状にいいといわれています。吸収をよくするために、空腹時に飲むのがいいようです。【甜茶(てんちゃ)】の甘み成分は天然のものなので、ダイエット中などもそのカロリーを気にする必要もありません。美甘麗茶