Month: 9月 2016

オール電化の補助金

おそらく『オール電化』と聞いて『オール電化』初心者の方が一番最初に思うのは、電気だけで給湯や暖房をすると電気代が大変じゃないか?ということでしょう。経済的とかって言うけど光熱費がちょっと安くなるだけじゃないの?って方もいらっしゃるでしょう。ところが、『オール電化』にすれば、電気代やガス代、灯油代などの光熱費が削減されるだけでなく、場合によっては、光熱費がタダになってしまうこともありえるのです。では、この『オール電化』の仕組みについて、ちょっと説明しますね。住宅を『オール電化』にする場合に、「エコキュート」の存在抜きでは語れません。「エコキュート」とは、空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒体として二酸化炭素を使用している機種のことを言います。この「エコキュート」、エネルギー効率が従来のガス給湯の約9倍なんです。つまり光熱費の約1/3を締める給湯にかかる費用をこの「エコキュート」を導入することで大幅に削減できるわけです。また、『オール電化』にすると様々な『オール電化』割引電気料金や補助金が適用されることになります。この補助金について説明しますと、住宅に「エコキュート」の導入を予定している場合に、下記の条件をクリアできれば、補助金が受けられます。補助金を受けることの出来る条件とは、(1)補助金交付の対象となる「エコキュート」の設置を予定していること(2)「エコキュート」の据付(着工)前に申し込み、受理後に据付(着工)できること(3)「エコキュート」を購入設置して使用する申請者に対して補助金が交付されること(4)申請者本人が使用し、6年(法定耐用年数)以上使用できること(5)「エコキュート」の設置工事完了期限日および完了報告書類提出期限日を厳守できること(6)他の国庫補助金と重複して補助を受けないこと(7)電力会社への個人情報の提供について同意すること、この7項目です。なお、『オール電化』に関する補助金の申請先は、都道府県によって異なるようですので、申請の際には、まずは市町村役場へお問い合わせ下さい。中古車買取するなら

オール電化のメリット、デメリット

ここ最近、『オール電化』が花盛りといった感じで、新築の物件などは、『オール電化』を前面に打ち出して宣伝していますね。『オール電化』とは、すべてを電気でまかなう、火を使わない暮らしのことを言います。いわゆるガスを使わない生活のことですね。『オール電化』にするには、今、火を使っているところを電気に変えるだけです。つまり、キッチンと給湯を電気にするだけ。火を使わないという安心感や便利さ、快適さはもちろん、光熱費がかなりお安くなるという電化住宅。今回は、その「メリット」と「デメリット」について書いてみたいと思います。『オール電化』の「メリット」とは、まず、大幅なコストダウンにあると思います。『オール電化』にすると、光熱費の大半は給湯に使われてることになりますので、電気温水器は安い夜間電力を使うことで給湯費用が削減できるんです。それから、電気とガスを併用しているとどちらも使用量にかかわらず基本料金を取られますよね。でも、電気に一本化すれば基本料金が節約できます。さらには、ガスを使わないと電気料金に『オール電化』割引という割引が利用できるそうなので、お料理は是非、IHクッキングヒーターを使うようにしたいですね。逆に『オール電化』については、「デメリット」も存在します。まず、住宅を新築するときに『オール電化』にしてしまえば問題ないのですが、もし、これまでガスの床暖房や浴室乾燥機を好んで使っていたような場合には使えなくなります。床暖房や浴室乾燥機にも対応した電気給湯器も発売されているのですが、とにかく値段が高いですし、なんと言ってもパワーはガスにはかないません。また、なんかの際に急に大量の湯が必要になった場合などに湯切れになることがありえます。そして、ガス給湯器より大きい貯湯器を設置するスペースが必要になります。こうして考えてみますと、『オール電化』の「デメリット」はその「メリット」に比べると大したことはない様に思います。つまり「メリット」の方が大きいということですね。看護師の求人で土日休みが希望なんです

オール電化の費用

『オール電化』の住宅が、今、非常に人気が高いことはご存知かと思います。もしかしたら、自宅を『オール電化』にしようかと検討中の方もいらっしゃるかもしれませんね。ただリフォームはしたいんだけど、そのための「費用」を考えると踏み切れない、という方もいらっしゃるかと思います。『オール電化』後の電気代がご心配な方もいらっしゃると思います。『オール電化』とは、お風呂やコンロなどを全て電気で賄う仕組みだからです。でも、そこは大丈夫です。『オール電化』にすると光熱費の負担は軽くなります。『オール電化』へリフォームをするとどうなるかと言いますと、お風呂は湯沸かし器から電気給湯器へ、コンロはガスコンロからIHへ変わります。ちなみに、お湯を沸かしたい時にガスコンロだと時間が掛かってしまいますが、IHだとすぐに沸騰してしまいます。威力はすごいです。また、ガスコンロと違って時間が経てば忘れていても自動的に電源が切れます。だから、火事を防ぐ事ができますね。では、このIHクッキングヒーターを導入するには、どのくらいの「費用」がかかるのでしょうか。まずは、『オール電化』への足がかりとしてIHクッキングヒーターを設置したいところですが、その環境やIHの機種によっても異なりますが、おおよそ20万から45万円で導入が可能です。ビルトインタイプのIHクッキングヒーターの場合、本体価格が約15万~35万円です。取り付けの「費用」は、5万~10万円になります。さらに、電気給湯器であるエコキュートを設置するためには、だいたい55万円から95万円で導入が可能です。エコキュートの本体が約45万~80万円、設置「費用」がおおよそ10万~15万円と言ったところです。ただ、工事費については業者によって多少異なりますから、まずは見積もりを出してみることをお勧めします。『オール電化』にするための「費用」は、決してお安いものではありませんから、業者選びをはじめる時点から慎重に行ないたいものですね。背中ニキビや背中ニキビ跡を治す方法