おそらく『オール電化』と聞いて『オール電化』初心者の方が一番最初に思うのは、電気だけで給湯や暖房をすると電気代が大変じゃないか?ということでしょう。経済的とかって言うけど光熱費がちょっと安くなるだけじゃないの?って方もいらっしゃるでしょう。ところが、『オール電化』にすれば、電気代やガス代、灯油代などの光熱費が削減されるだけでなく、場合によっては、光熱費がタダになってしまうこともありえるのです。では、この『オール電化』の仕組みについて、ちょっと説明しますね。住宅を『オール電化』にする場合に、「エコキュート」の存在抜きでは語れません。「エコキュート」とは、空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒体として二酸化炭素を使用している機種のことを言います。この「エコキュート」、エネルギー効率が従来のガス給湯の約9倍なんです。つまり光熱費の約1/3を締める給湯にかかる費用をこの「エコキュート」を導入することで大幅に削減できるわけです。また、『オール電化』にすると様々な『オール電化』割引電気料金や補助金が適用されることになります。この補助金について説明しますと、住宅に「エコキュート」の導入を予定している場合に、下記の条件をクリアできれば、補助金が受けられます。補助金を受けることの出来る条件とは、(1)補助金交付の対象となる「エコキュート」の設置を予定していること(2)「エコキュート」の据付(着工)前に申し込み、受理後に据付(着工)できること(3)「エコキュート」を購入設置して使用する申請者に対して補助金が交付されること(4)申請者本人が使用し、6年(法定耐用年数)以上使用できること(5)「エコキュート」の設置工事完了期限日および完了報告書類提出期限日を厳守できること(6)他の国庫補助金と重複して補助を受けないこと(7)電力会社への個人情報の提供について同意すること、この7項目です。なお、『オール電化』に関する補助金の申請先は、都道府県によって異なるようですので、申請の際には、まずは市町村役場へお問い合わせ下さい。中古車買取するなら